低用量ピルについて説明する女性

低用量ピルは避妊・生理不順の改善・PMS改善など様々なことに効果があります。賢く低用量ピルを使って健康でいましょう。では、低用量ピルの効果などについて詳しく説明していきます。

低用量ピルと体重と緊急について

低用量ピルを飲むことで、体重が増えると感じるケースがあります。実際にはピルを飲むと、それで太るというよりは、少し違った意味合いがあります。ピルに含有している成分は、女性ホルモンになります。黄体ホルモンのプロゲステロンと、卵胞ホルモンのエストロゲンです。女性の生体内でも、このホルモンはつくられます。同時に両方のホルモン分泌が起こるのは、排卵後から次回の生理がくるまでの間と、ほかには妊娠時です。

低用量ピルを飲むことによって、女性の身体の状態は、排卵後から生理直前の状態になるか、もしくは妊娠した時と同じような状態になることになります。女性ホルモンのエストロゲンというのは、女性らしいボディ作るための作用があります。身体には皮下脂肪がつきやすくなりますので、ボディは全体的にふっくらとして、丸みを帯びた女性らしい体つきに近づきます。

女性プロゲステロンには食欲を増進させ、身体に水分を溜め込む作用もあります。女性ホルモンにはこうした作用もありますので、こうした症状が、太るということに関連をしていることになります。ですがこうした体重への影響を受けるほどの、多くのホルモン量が配合されていたピルは、すでに一昔前に主流であった中容量ピルになります。現代では低用量ピルが主流であり、低用量のタイプにはそうした懸念はないものです。

ピルを飲むと太るかどうかですが、ホルモンの変化が起こりますので、食欲増進が若干高まるということでしょう。食事制限であるならば、本人の努力次第ということです。

緊急避妊ピルは黄体ホルモン成分をメインとしている薬剤で、緊急避妊ピルを服用すると妊娠を防止することになります。確率的には、2%ほどは妊娠を防止できないケースがあります。