低用量ピルについて説明する女性

低用量ピルは避妊・生理不順の改善・PMS改善など様々なことに効果があります。賢く低用量ピルを使って健康でいましょう。では、低用量ピルの効果などについて詳しく説明していきます。

低用量ピルは婦人科で内診や検査の上処方される

女性の社会進出が当たり前となっている現代において、男性とのお付き合いの中で、望まない妊娠、予期せぬ妊娠をきちんと回避させることは、大人の女性として当たり前のことで、避妊を男性任せにするなど社会人としてはあまりにも無責任すぎる行動です。まだまだ先進諸国の中では、男女間のお付き合いにおいて、避妊についてしっかりと話し合うことをタブー視している日本では、大切な問題なのに男性任せにして、自らの心や身体を傷付けてしまっている女性が多いといわれています。女性が子供を産み育てるということは、非常に大切な仕事なので、環境をきちんと整えてから妊娠するのが望ましいということは、当然のことなのではないでしょうか。我が国においても、諸外国に遅ればせながら低用量ピルがやっと解禁となっており、副作用の危険性を抑えながら、女性が自らの意思で、完璧な避妊ができるようになりました。低用量ピルは、それまで処方されていた中用量ピルに比べると、格段に副作用が少なくなっており、身体に不具合を抱えることもありません。低用量ピルは、毎月やってくる生理日をコントロールできるようになったり、生理時の経血量を減少させたり、生理痛の緩和や月経前症候群の緩和など、女性の生活を格段に向上させてくれるという素晴らしいメリットがあり、避妊以外にも効能の多い優れた医薬品です。低用量ピルを試したい場合は、婦人科を受診し、血液検査や内診を受け、異常がなければ処方してもらえます。クリニックによって扱っているピルの種類にも違いがありますが、万が一服用して身体に合わなければ、また違う種類のピルを処方してもらえるので、無理して服用せずすぐに相談してみましょう。